ConoHa Wingに決めたその決め手

ブログ運営
[AD]

いくつかのサービスを比較検討した結果、ConoHa WING(コノハウィング) に決めました。

ワードプレス+レンタルサーバーの組み合わせで、ConoHaWING(コノハウィング)を選択した、その経緯を紹介します。

[AD]

比較対象は王者エックスサーバー

まずはエックスサーバーについての基礎知識から。

エックスサーバーはワードプレスで構築しようと思ったときに必ず比較対象になるであろうサーバーです。

知名度は抜群。利用ユーザも多いので安心して使用することができます。レンサバ界ではかなり知名度もあり、サポートが充実していることで有名です。

サポート体制の比較

エックスサーバーは充実のサポート体制

エックスサーバーは24時間365日のメールサポート体制があります。何かあった場合に、問い合わせをすることが標準で可能です。

こういったサービスはもはや当たり前なので、これが推しポイントになるかといえば、私は決め手にはなりませんでした。

どちらかといえば、たくさんのユーザが使っているというのが一番のメリットではないでしょうか。

ConoHa Wingもサポート問い合わせがある

フォームによるサポートは当然のようにあります。

サポートトップ|ConoHaサポート
ConoHaのご利用ガイド、FAQなどの各種サポート情報をご案内しています。ConoHaは便利なご利用ガイドと専任スタッフのサポートで安心してご利用いただけます。

WEBからの受付なので、24時間365日です。

後発サービスなのでそれは当然といった感じですね。

長期契約価格の比較

私はこれが一番の決め手になりました。

エックスサーバーのX10は3年で900円/月

長期契約で月900円。キャッシュレス決済で、5%還元です。

ConoHa Wingは3年で800円/月

月800円ですが、キャンペーンも行われていて760円~の契約もできる場合があります。

初期費用の比較

エックスサーバーは初期費用3000円

どの契約体系でも一律3000円です。

ConoHa Wingの初期費用は無料

どの契約体系でも無料です。

無料期間

エックスサーバーの無料お試しは10日間

まずはお試し10日間ですね。

ConoHa Wingはお試し最大1か月

ConoHa Wingは申し込みの初月が無料なので、月初に申し込めば1か月分が無料で使用できます。

ドメイン更新がついているかどうか

エックスサーバーもConoHa Wingもともについている

Google Domainやお名前.comを使えばドメインを年契約することになりますが、ドメインをもつならサーバーとペアで持ち続けることになります。

独自ドメインをもち続けるのであれば、サーバー契約も同じ時期持つと思いますので、ドメインが無料なのはありがたいサービスだと言えます。

決めたのはConoHa Wing

公式サイトは上記バナーから見ることができます。

最終的に、価格が優勢で、それ以外引き分けというくらいの差で、ConoHa WING(コノハウィング)
を選択するに至りました。

もともと、GCP+Googleドメインの組み合わせで運用していたことを考えると、

  • httpsが簡単にできる
  • マルチサイト、マルチドメイン管理がやりやすい
  • ドメインが管理費の中に含まれる
  • エックスサーバーよりも、初期費用、月額価格が安い
  • 中国からのアクセスが有料にならない
  • 中国からのアクセスブロックをする必要が無い

半分以上GCPの比較になってしまいましたが、十分な検討材料で決めました。

GCPの愚痴などはこの記事でも書いています。

3年契約・・・乗りました。この船に。

コメント

タイトルとURLをコピーしました