ConoHa Wingの契約~ドメイン取得〜WordPress設置まで手順を徹底解説

ブログ運営
[AD]

レンタルサーバー「ConoHa Wing(コノハウイング)」内でワードプレスをつかったブログを公開するまでを手順を追って解説していきます。

ConoHa Wing(コノハウイング) がどんなサービスで、エックスサーバーと比べた結果は以下の記事を参考として読んでみてください。

[AD]

STEP0 申し込みの前に準備しておくもの

  1. メールアドレス
  2. 住所
  3. 携帯電話(認証があるので、電話ができるかSMSができるもの)
  4. クレジットカード(決済に使う場合)
  5. 自分のサイトで使用するドメイン

ステップの途中で入力の必要があるので、準備しておきましょう。

STEP1 ConoHa Wingでログインアカウントを作る

まずはConoHa WING(コノハウィング)にアクセスします。

今すぐお申込みのバナーをクリックします。

次に申し込み情報を入力していきます。

入力は、はじめての方のエリアに入力していきます。

入力がおわったら、次へを押します。

この時点でアカウント開設のメールが送信されてきます。

電話/SMS認証での認証を行います。

認証コード入力を要求されますので、入力を行います。

決済方法を選択します

クレジットカードのほか、PayPayやAirPayにも対応しています。

この画面の時点で、決済方法とコースのイメージをつけておく必要があります。

コースの選択と支払い

申し込みを行いたいコースを選択し、金額を確認して契約となります。

初期ドメインを決めてから、ドメイン1つを決めていきます。

以後は、メールアドレスと申し込み時に設定したパスワードにてマイページから手続きを行います。

これで最初のサーバー開設は完了しました。

次に独自ドメインによる開設をおこなっていきます。

STEP2 独自ドメインを取得する

開設連絡のメールから、マイページにログインします。

独自ドメインのメインドメインを決める

メニュー左にある、ドメインから、ドメイン追加を選択します。

ドメインは通常の価格で取得できるものであれば1つは無料で提供されます。

独自ドメインのサブドメインを決める

サブドメインを取得する場合には、以下の①~⑥の手順でメインドメインから追加を行います。

STEP3 ワードプレスをインストールする

ワードプレスをインストールしたいドメインを選択します

切り替えで、インストールを行いたいドメインを選択してください。

ワードプレスをインストールする

+アプリケーションから、アプリケーションのインストールを行います。

ワードプレスが簡単にインストールできるようなつくりになっているので、迷うことは無いと思います。

ユーザ名とパスワードは最初に管理画面にログインするために必要になるので、決めたものは覚えておく必要があります。

それ以外は任意に好きなわかりやすい文字列を設定してください。

これで保存をすると、ワードプレスのサイトが開設されます。

まとめ

サーバーの契約からドメインの発行、ワードプレスの設置までを一気にやると30分もかからずにワードプレスのサイトを作ることができます。

  1. ConoHa WING(コノハウィング)にアクセスする
  2. ユーザ登録を行う
  3. 決済情報を入力する
  4. ドメインを決める
  5. サーバーにワードプレスをインストールする

GCPの時の煩わしいSSL対応もいらず、サブドメインの取得とワードプレスの設置も簡単であっという間に作ることができます。

ワードプレスの初期設定についてはたくさんのサイトがあります。Conoha wingで開設してもワードプレスのやり方は大きく変わらないので、いろいろなサイトを見てみるのも良いかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました