ConoHa Wingはドメイン+メールアドレスもついてきます

ブログ運営
[AD]

無料のGmailを使っていたのですが、 ConoHa WING(コノハウィング) でドメインをとったこともありメールアドレスを設定し、ブラウザのGmailWebからメールを取得する設定をしてみました。

自分のメールアドレスを持てるので、小さいながらも我が家を持った感じです。

[AD]

ConoHa Wingの画面からメールアドレスを作る

先に ConoHa WING(コノハウィング) でドメイン設定を終わらせた状態として記事を進めていきます。

上記の設定を終わらせてれば、問題なく設定に入ることができると思います。

メール管理>メールアドレスを追加したいドメイン>+メールアドレスの順で選択していきます。
@より前を好きな文字列で設定し、パスワードを決めます。このパスワードは後の設定で使います。
忘れないようにしましょう。
メールアドレスを作成するとPOPサーバーなどの情報が取得可能になります。

Gmailの設定をして受信可能にする

ConoHa WING(コノハウィング) でメールアドレス取得設定が終わり、ユーザ名やパスワード、POPサーバーを取得できる状態で、Gmailの設定を行っていきます。

Gmailにログインして右上の歯車のアイコンをクリックし、「設定」をクリックします。
上部タブで「アカウントとインポート」を開き、他のアカウントでメールを確認の「メールアカウントを追加」をクリックします。
「メールアドレス」に設定するメールアドレス(@以降も含め)入力して「次へ」をクリックします。
「他のアカウントからメールを読み込む(POP3)」を選択して「次へ」をクリックします。
受信サーバー情報を設定する画面となるので次のように設定し、「アカウントを追加」をクリックします。

ユーザー名:設定するメールアドレスを入力します。(@以降も含め)
パスワード:メールアドレスのパスワードを入力します。
POPサーバー:コントロールパネルにて確認したPOPサーバーの情報を入力します。
ポート
・セキュリティで保護された接続(SSL)を使用しない場合場合→110
・セキュリティで保護された接続(SSL)を使用する場合→995

https://support.conoha.jp/w/gmail/?btn_id=w-mailclient-sidebar_w-gmail
受信サーバーの設定は完了となります。次に送信サーバー設定をするので「はい。[メールアドレス]としてメールを送信できるようにします。」を選択して、「次へ」をクリックします。
メールアドレスの情報の設定画面となりますので、次のように設定して、「次のステップ」をクリックします。

名前:任意で決めます。(メールを送信時相手に差出人として表示されます。)
エイリアスとして扱います:任意で決めます。

https://support.conoha.jp/w/gmail/?btn_id=w-mailclient-sidebar_w-gmail
送信サーバー情報を設定する画面となるので次のように設定し、「アカウントを追加」をクリックします。

SMTPサーバー:コントロールパネルにて確認したSMTPサーバーの情報を入力します。
ポート
・SSLを使用したセキュリティで保護された接続にする場合→465
・TLSを使用したセキュリティで保護された接続にする場合→587

https://support.conoha.jp/w/gmail/?btn_id=w-mailclient-sidebar_w-gmail
確認用のメールが設定したメールアドレス宛に送付されるので、メールを確認して本文内のリンクをクリックするか、本文記載の確認コードを入力して「確認」をクリックします。

まとめ

ConoHa WING(コノハウィング) 側でメールアドレスを発行したら、その情報をGmailに設定するだけで ConoHa WING(コノハウィング) 側のメールをGmailの中で送受信することができます。いちいち ConoHa WING(コノハウィング) にログインしてWEBメールを確認する必要もなくとても便利です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました